Contact

2月6日・20日に腰痛・転倒予防教室を開催しました!

2019.2.22 お知らせ

市民交流の拠点として腰痛・転倒予防教室を開催致しました。

腰痛・転倒予防になる運動や注意点など実技を交えて参加者さんにご指導いただきました。

(地方独立行政法人下関市立市民病院リハビリテーション部)

★転倒予防講座をピックアップ★

転倒の原因には、筋力低下、バランス能力低下、感覚機能低下、視力低下、認知機能低下、環境面の問題があります。転倒によって骨折をすると健康寿命が短くなるリスクがあります。筋力やバランス能力だけではなく、歩きながら話をする等の認知課題を処理する能力を鍛えることも大切になります。

ウォーキングは週3~5日、15分~60分を目標に、運動を継続できるように記録をつける等の工夫が大切になります。(ウォーキングのウエアやシューズを買い揃え、モチベーションアップをするなど)

合言葉づけを忘れずに!

 れている所は滑りやすいので、気をつけよう(風呂場の床に滑りにくいマットを敷く)

 いだん、段差がある所は転びやすいので、気をつけよう(夜用自動点灯ライトを活用)

づけ 片づけていない部屋はつまずきやすいから、気をつけよう

腰痛・転倒予防教室は、参加者さんの健康増進の意識と会話がうまれとても好評でした!

▲腰痛・転倒予防教室の様子

 

前へ 次へ
トピックス一覧へ