Contact

【グリスタ相談員・今日のコラム ①】まずは自己紹介。

2019.7.19 コラム

いつも空き店舗のマッチングステーション「GRESTA.」のホームページにお越しいただきありがとうございます。「GRESTA.」駐在、相談員の兼森一将です。
今年4月からこちらでお世話になっています。
毎日様々な方との出会いや、ご相談を受け日々、私自身も刺激を受けています。
出身は広島県呉市。もともと下関には縁もゆかりもなく、初めて関わる街なのですが、さすが「海峡の街」らしく、多様性を認める風土と、ひょいっといろんなところへ出かけちゃう行動力をお持ちの方が多いと感じており、そんな人々に囲まれて毎日、楽しく過ごしています。

元々は福岡市内で旅行会社に勤務していました。14年間法人営業に携わった後、地元広島ではローカルタレントとしてラジオテレビの現場で8年間、レギュラー番組を持ちながら、多くの方にご声援を頂きました。

※タレント時代 ラジオ番組レポートの様子

またそんな経験を活かしながら、2013年からは島根県松江市で任期付き特別職「観光コーディネーター」として松江観光協会に籍を置き、国宝松江城で有名な、歴史と水の都・松江市の観光振興に携わったり、
※観光協会時代の松江城PRの様子

2017年は、鹿児島県最南端の小さな町の公民連携組織で過疎地における総合戦略を推進するプロデューサーとしてかかわってまいりました。

観光振興領域や観光まちづくり、にぎわい創出、移住定住誘致、空き家・廃校利活用啓発に伴う、住民を巻き込んだボトムアップ式の議論の場づくり、などの業務が自らが専門的にかかわった領域です。

私のつたない経験ですが、下関市でもなにかお役に立てれば幸いです。

ではあらためて「GRESTA.」とはどんな施設かをおさらいしましょう。

下関駅前「グリーンモール商店街」に位置するグリスタは「空き店舗のマッチングステーション」として、下関市内商店街における空き店舗のデータベースを構築し、それら優良物件と創業等による開業・出店希望者とのマッチングを実現。また、唐戸商店街にある「創業支援カフェKARASTA.(カラスタ)」との連携による、創業から開業・開店までの一貫した支援体制を整備し、商店街の再生による地区の活性化を図っています。

市内における「空き店舗」の増大は「空き家」問題と並んで重要かつ深刻な社会課題です。下関だけでなくどの地域も悩んでいます。
しかし、こうだ!という処方箋はなく、地域事情もさまざまであることから、より問題を複雑化させています。

空き店舗が増えても、商店主や物件オーナー以外にとっては興味が薄い問題で、自分の暮らしに関係がないと思う方も多いと思います。
しかし、空き店舗が増えれば、街のにぎわいがますます失われ、新たなビジネス創出など、新陳代謝がおこらなければ、経済の停滞ムードが、より地域に漂うことになります。

そういえば隣のご主人がテナント埋まらなくて困っていたな・・・
最近、近所のお店、跡継ぎがおられないっていってたな・・
友人が、独立してお店をやりたいって言っている・・・

事情は様々でも、そんな声をお聞きになられた方は多いはずです。

まずは「空き店舗」や「空き家」問題を「他人事」から「自分事」に変えていく地道な活動が必要ではないか。
そのきっかけとなる場が「GRESTA.」であればいいなと、私はいつも考えています。

このコラムでは、自分自身が経験してきた他都市での悩みや事例もご紹介しながら、皆さんと様々な問題を話し合えるきっかけをこの場に作りたいと思います。

不定期ですが、今後ともよろしくお願いします。

前へ 次へ
トピックス一覧へ